診療科・部門

言語聴覚療法

▲ 言語聴覚療法室▲ 言語聴覚療法室

西陣病院の言語聴覚療法では、嚥下障害、高次脳機能障害(*1)がみられる患者さんを対象としています。

高齢者の多い地域であり、摂食機能療法には特に力を入れており、嚥下造影検査・嚥下内視鏡を用いての機能評価、筋電図によるバイオフィードバック、低周波を用いた機能改善練習などを行っています。

しかし、栄養状態が悪いと、どれだけリハビリを行っても、なかなか機能回復が望めません。当科では、栄養サポートチーム(NST)との協働による栄養サポートを行っています。早期に栄養を改善することで、症状の悪化を防ぎ、効果的なリハビリが可能となり、治療期間の短縮、治療成績の向上が期待できます。
退院後も安心して地域で生活していただけるように、外来での機能評価、機能改善練習などのリハビリも実施しています。

*1:失語症、構音障害、注意障害や記憶障害など

言語聴覚療法の内容

  • 麻痺や関節可動域制限、筋力低下に対しての機能改善練習。
  • 摂食・嚥下機能の改善練習。
  • 発声・発語器官の改善練習。
  • 食事形態や食事姿勢の提案などの環境調整。
  • 嚥下造影検査(VF)・嚥下内視鏡検査(VE)などの機能評価。
  • 高次脳機能や認知機能の改善練習。
  • 食事などの介助方法の指導。
  • 栄養サポートチーム(NST)への参加。

リハビリ・活動風景

▲筋電図によるバイオフィードバック検査▲筋電図によるバイオフィードバック検査
▲発声・発話器官の改善練習▲発声・発話器官の改善練習
▲食事へのアプローチ▲食事へのアプローチ

▲栄養サポートチーム(NST)への参加▲栄養サポートチーム(NST)への参加
▲嚥下造影検査(VF)▲嚥下造影検査(VF)
▲嚥下内視鏡検査(VE)▲嚥下内視鏡検査(VE)

学会発表

西村豪文
「副咽頭間隙腫瘍摘出後の嚥下障害に筋電図バイオフィードバックが奏功した一例」
第20回日本摂食嚥下リハビリテーション学会(2014)