診療科・部門

麻酔科

麻酔科について

当院麻酔科は、手術室での麻酔・全身管理と安全管理に専従しています。

■麻酔科 部長 中川 博美

手術が必要な患者さんにとって、麻酔は欠かすことのできないものです。麻酔科の業務はもちろん手術を受けられる患者さんに麻酔をすることなのですが、それはただ眠らせるだけではありません。 その本質は、手術侵襲によるストレスから患者さんのお身体をお守りし、全身管理を行うことにより手術中の患者さんの安全を確保することにあります。 現代の麻酔は、麻酔薬や麻酔器具だけでなく手術中の身体状態を監視するモニターの進歩により、格段に安全になりました。 一方で、手術そのものもより低侵襲なものになりましたので、一昔前までは手術が受けられなかった高齢な方や重症な方にまで手術治療が適応されるようになりました。 手術が安全に行われ、より良い術後を迎えるためには、外科系の先生方による適切な手術治療に加え、専門の麻酔科医による術前評価と準備、それに基づく術中の麻酔管理と全身管理、そして、術後疼痛管理もとても重要なものとなっています。

より良い術前状態はより良い術後経過への第1歩ですので、手術の準備が入院前から始まるように麻酔の準備も外来段階から始まります。 当院では麻酔科術前外来を開設し、ご入院前から患者さんの術前診察と麻酔のわかりやすい説明を心がけています。 術前の禁煙指導や経口補水療法、循環器内科、心臓血管外科、腎臓・泌尿器科や眼科をはじめとした他科の先生方との連携、そして、上京歯科医師会の先生方のご尽力も賜り周術期口腔機能管理などにも取り組み、患者さんの術前状態の向上に努めています。 多くの問題を抱えておられる患者さんが手術を受けられる場合には、特別な測定機器やモニターも準備し手術中の患者さんの状態把握と適切な処置を行います。 また、術後鎮痛管理には痛み止めの持続静脈内投与だけでなく硬膜外麻酔、超音波ガイド下神経ブロックや局所麻酔なども併用し、快適で順調な術後経過を迎えられるよう力を尽くしています。

患者さんが手術をより安全に、また、快適に乗り越えるために麻酔科も努力を重ねておりますが、麻酔に関してのご質問・ご要望がございましたらご遠慮なくお申し出下さいますようお願いいたします。

当院は日本麻酔科学会認定の麻酔科認定病院であり、また、京都府立医科大学麻酔後期研修プログラム関連病院でもあります。 脳神経外科や心臓血管外科などの特殊麻酔症例はありませんが、透析をはじめとした重症・高齢患者さんの一般手術の麻酔症例が多いのが特徴です。 麻酔科専門医を目指す先生方にも、様々な貴重な経験を積んでいただける病院です。

診療実績

麻酔科管理症例数および術前外来受診者数

病院広報誌より

西陣病院の広報誌、「西陣病院だより」に掲載しました麻酔科医師の記事を紹介いたしております。

診療時間・担当医

診療担当医表 2018(平成30)年 6月

2018(平成30)年 5月分はこちら 休診・代診のお知らせ

  • 赤字は女性医師です
  • 「予約制」は完全予約制ではありません。受診を希望される方は受付までお申し出下さい。
麻酔科
受付時間
午前 8:30~11:30 術前外来
中川
(完全予約制)
術前外来
中川
(完全予約制)
午後 12:30~15:00 術前外来
中川
(完全予約制)

担当医師の紹介です

麻酔科担当医師氏名 卒業年度 専門分野と専門医・認定医等 診療についてのモットー
中川 博美
部長
S61 麻酔科標榜医
日本麻酔科学会代議員
日本麻酔科学会専門医
医学博士
京都府立医科大学臨床教授
京都府立医科大学附属病院客員講師
安全・安心・満足を