診療科・部門

臨床指標

臨床指標(クリニカルインディケーター:Clinical Indicator)とは、病院の機能や診療の状況などについて、様々な指標を用いて具体的な数値として示したもの。指標を分析し、改善を促すことにより、医療の質の向上を図るとともに、利用者にとって分かりやすい医療情報を提供することを目的としています。医療の質を客観的に評価することが可能となるため、最近では“質(評価)指標”という用語もよく使われています。

医療の質は、

  1. 構造(ストラクチャー:Structure)
  2. 過程(プロセス:Process)
  3. 結果(アウトカム:Outcome) 

の3つの側面について評価されることが一般的です。

薬剤部におけるClinical Indicator

①Structure (2017.3現在)

部員数:14名(内、育児短時間勤務者1名、産前・産後休業者2名、非常勤1名)

専門・認定薬剤師
認定機関(学会) 専門・認定薬剤師 認定者数
日本病院薬剤師会 がん薬物療法認定薬剤師 1名
日本医療薬学会 認定薬剤師 2名
日本静脈経腸栄養学会 NST専門療法士 1名
日本糖尿病療養指導士認定機構 糖尿病療養指導士 2名
日本アンチ・ドーピング機構 スポーツファーマシスト 1名
日本薬剤師研修センター 認定実務実習指導薬剤師 4名
認定薬剤師 1名
実務研修指導薬剤師 1名
外部活動
関係機関(団体) 役職 人数
日本医療薬学会 代議員 1名
日本機能評価機構
認定病院患者安全推進協議会
薬剤安全部会 部会員 1名
京都腎臓病総合対策推進協議会 理事 1名
京都腎臓・高血圧談話会 世話人 1名

②Process

薬剤部門関連施設基準
施設基準の種類 受理番号 算定開始年月日
薬剤管理指導料 (京薬) 第62号 平成7年4月1日
(薬)第310号 平成22年4月1日
無菌製剤処理料 (菌)第102号 平成20年4月1日
病棟薬剤業務実施加算 (病棟薬)第9号 平成24年4月1日
日本薬剤師研修センター認定
病院実務研修受入施設
K10-26-004 平成24年9月1日

③Outcome

  1. a. 年度総括
  2. b. 薬剤管理指導料算定件数(5ヶ年推移)
  3. c. 薬剤管理指導実施率(5ヶ年推移)
  4. d. 実務実習(薬学生)・研修(薬剤師)受け入れ(5ヶ年推移)

平成28年度

Ⅰ. 薬剤管理指導業務

薬剤管理指導料算定件数
薬剤管理指導料1 624件
薬剤管理指導料2 3,540件
退院時薬剤情報管理指導料 969件
麻薬加算 72件

薬剤管理指導実施率* 45.7%
病棟薬剤業務実施加算件数 9,389件

Ⅱ. 無菌製剤処理料1

676件

Ⅲ. 無菌製剤処理料2

5,960件

* 計算方法:日本病院薬剤師会「病院薬剤部門の現状調査」
分子:薬剤管理指導算定患者延総数
分母:平均在院患者数(人)×365 / 平均在院日数(日)

薬剤管理指導業務