診療科・部門

特殊血液浄化療法について

血漿交換療法とは

血液から血漿成分を分離・除去し、除去した血漿と同量の置換液(FFPやアルブミン溶液)を補充する方法です。病因物質が大分子量物質で血漿中に存在する場合には有効です。薬剤など内科的治療では困難な肝不全や膠原病などの患者さんに対して行われます。

適応疾患

多発性骨髄腫、マクログロブリン血症、劇症肝炎、薬物中毒、重症筋無力症、悪性関節リウマチ、全身性エリテマトーデス、血栓性血小板減少性紫斑病、重症血液型不適合妊娠、術後肝不全、急性肝不全、多発性硬化症、慢性炎症性脱髄性多発根神経炎、ギラン・バレー症候群、天疱瘡,類天疱瘡、巣状糸球体硬化症、溶血性尿毒症症候群、家族性高コレステロール血症、閉塞性動脈硬化症、インヒビターを有する血友病、同種腎移植 など

血漿交換療法には以下の方法があります

  • 単純血漿交換療法   PE(Plasma Exchange)
  • 二重濾過血漿交換療法 DFPP(Double Filtration Plasmapheresis)

PEについて

体外に取り出した血液を血漿分離膜により、血球成分と血漿成分に分離した後、分離した血漿を全て廃棄し、代わりに置換液として補充する治療法です。大量の置換液(FFPやアルブミン溶液)が必要になります。

PEについて

DFPPについて

体外に取り出した血液を血漿分離膜により血球成分と血漿成分に分離した後、分離された血漿を血漿成分分離器を用いて病因物質等を分離・除去し、アルブミン等の有用なタンパクを患者さんに戻す治療法です。PEに比べ使用する置換液の量が少なくなります。

DFPPについて

吸着療法とは

血液中の病因物質を吸着器に吸着させ、除去する方法です。
物理化学的に吸着させたり、免疫反応を利用して吸着させたりします。
吸着療法には以下の方法があります。

  • 血液吸着療法 Direct Hemo Perfusion(DHP)
  • 血漿吸着療法 Plasma Apheresis(PA)

DHPについて

血液を直接吸着器に通し、病因物質を吸着します。

リガンド 吸着対象物質 適応疾患
活性炭 薬物、ビリルビン、胆汁酸、アミノ酸 薬物中毒・肝性昏睡
ポリミキシンB エンドトキシン 感染症
ポリエチレンテレフタレート 活性型WBC 潰瘍性大腸炎
ヘキサデシル基 β2MG 透析アミロイド症

DHPについて

PAについて

体外に取り出した血液を血漿分離膜により血球成分と血漿成分に分離した後、分離された血漿を特定の吸着器に通し、選択的に病因物質を除去する治療法です。

リガンド 吸着対象物質 適応疾患
デキストラン硫酸 LDL ・家族性高コレステロール血症
・閉塞性動脈硬化症
・巣状糸球体硬化症
デキストラン硫酸 免疫複合体、抗DNA抗体 ・SLE
トリプトファン 抗アセチルコリン受容体抗体 ・重症筋無力症
トリプトファン 免疫複合体 ・ギランバレー症候群
・多発性硬化症
フェニルアラニン リウマチ因子 ・悪性関節リウマチ
フェニルアラニン 免疫複合体 ・ギランバレー症候群
・多発性硬化症
フェニルアラニン 抗DNA抗体 ・SLE
活性炭 薬物、ビリルビン 胆汁酸、アミノ酸 ・薬物中毒、肝昏睡

PAについて